設備紹介

Device

MENU

医療設備の充実、
徹底した衛生管理で
安心・安全な歯科医療を提供

日進市の歯医者 赤池ファミリー歯科では、
来院される方が安心して治療に専念いただけるよう
充実した診療機器の導入や院内感染を徹底的に予防する環境を整えています。
大切な家族を信頼して任せていただける歯科医院を目指します。

確かな診断が
緻密な歯科医療を実現

*
高度な治療を可能にする圧倒的な情報量

セファロ付き
歯科用3DデジタルCT

限られた方向からの二次元的な撮影で、平面のみの不鮮明な情報しか得られなかった従来のレントゲンに対し、歯科用CTでは高精細で立体的(3D)撮影が可能となりました。
そのため、立体やスライス画像で顎や骨根の形態、歯根の状態、神経の位置までの詳細な情報の取得が可能となり、一般治療はもちろんインプラントや歯科矯正、親知らずの抜歯などの高度な治療技術を求められる分野において大いに活躍します。
また、医科用CTと比べて歯科用CTでは撮影部位が限られるので、短時間の撮影で不要な被ばくを抑えられ、患者さまのお身体への負担を軽減できます。

セファロ撮影で
矯正治療の質を向上

セファロ撮影(頭部X線規格撮影)とは、側面や正面からの頭部撮影で骨格や顎の形状、咬み合わせなどの経過、成長発育の予測を継続的に把握・観察できるX線撮影方法です。
そのため、長い期間をかけて行う矯正治療において大いに活躍します。

*
  • *

    口腔内
    ・一眼レフカメラ

    一眼タイプのカメラで歯列全体や顔貌を、ペン型の小型口腔内カメラで一歯単位まで、治療前後・治療中の改善度把握や経過記録として撮影。患者さまの目で見て効果を実感できます。

  • *

    位相差顕微鏡

    採取した少量の歯垢から、お口の中に潜む歯周病や虫歯などの原因となる細菌の種類・量・活動を顕微鏡にて確認。細菌をコントロールすることで、虫歯・歯周病リスクを軽減させます。

  • *

    歯科用拡大鏡

    肉眼では見逃してしまう微細なひび割れや凹凸、虫歯を視野拡大によって確認することが可能に。早期発見、切削量を抑えた、なるべく削らず・歯を残す丁寧な治療に貢献します。

見て納得できる、
易しいカウンセリング

*
アニメーション・写真で分かりやすい説明

カウンセリングソフト

自分のお口の中がどんな状態かわからない、治療内容が難しくて耳に入ってこないなど、不安な気持ちを抱えたまま治療に進んでしまった…なんて経験をされた方は少なくないのではないでしょうか。
赤池ファミリー歯科ではそのような治療前の不安を取り除けるように、検査で撮影した写真や、アニメーション画像などを使ってお口の状態・治療内容などをわかりやすくご説明します。視覚的に情報を得ることで、治療内容の理解はもちろん患者さま自身が治療により関心を持って積極的に取り組んでいただけます。
また、対話を重視したカウンセリングを行っているので不明点やお悩みごとなど気軽にご相談ください。

視覚的にわかりやすい
治療内容や経過記録

カウンセリングソフトでは、アニメやイラストで治療計画・治療内容を分かりやすく説明します。検査で撮影した写真と連携させることで治療経過記録としても活用でき、より治療・予防効果を実感いただけます。

*

不安や恐怖を軽減する
痛みを抑えた治療

  • *

    電動麻酔注射器
    ・極細針

    麻酔注射時の痛みの一因となる注入スピードや圧力の不安定さを解消すべく、電動麻酔注射器の導入。安定した緻密なコントロールと、極細針の併用により、痛みを軽減します。

  • *

    カートリッジ
    ウォーマー

    麻酔注射時の痛みの一因である温度差。その差による抵抗に伴う痛みをなくすためカートリッジウォーマーを導入し、麻酔液を体温と同程度まで温めています。

  • *

    表面麻酔剤

    麻酔注射の注入にあたる工夫だけでなく、針を刺す箇所の表面を注射前に麻痺させる表面麻酔剤の活用により、針が刺さるチクッとする感触・痛みを和らげます。

リラックスできる環境づくりで
緊張・不安を軽減

幼少期の経験から、歯科医医院に対して「痛い・怖い」というイメージをお持ちの方は少なくないと思います。患者さまにとって相当なストレスとなり、歯科医院へ足が遠のく要因となっているのではないでしょうか。
赤池ファミリー歯科では上記のような治療時の痛みを軽減する取り組みの他、痛みとも密接に関係する不安・恐怖心を少しでも和らげられるよう、快適でくつろげる医院づくり、コミュニケーションを大切にし何でも相談できる信頼関係づくりに努めています。

*

世界基準の滅菌システムで
院内感染予防

*
使用毎の徹底滅菌で
あらゆるウイルス・細菌を死滅

世界最高水準 クラスB滅菌器

小さく複雑な構造のものが多い歯科用診療器具は、手作業で丁寧に洗浄・消毒を行っても人の手では限界があり、内部にまで付着した汚れや細菌は完全には落としきれません。
診療器具内に付着した菌やウイルスを徹底的に除去するために、高圧・高温の蒸気を細部まで素早く拡散して死滅させる高圧蒸気滅菌器が欠かせません。
日進市の歯医者 赤池ファミリー歯科では、滅菌器の中でも最も高性能な世界最高ランクの「クラスB滅菌器」を導入しているので、器具を介したC型肝炎ウイルス、B型肝炎ウイルス、HIV(エイズウイルス)など様々な細菌・ウイルスの感染リスクから患者さまを守ります。

  • 消毒・殺菌・滅菌の違い

    「消毒」は、細菌を問題ない程度に感染力低下させること。「殺菌」は、対象の細菌のみを殺すこと。そして「滅菌」は、あらゆる細菌やウイルスを完全に死滅させ無菌状態にすることで、感染予防の徹底において「滅菌」が重要になります。

    消毒:弱らせる 殺菌:一部を死滅 滅菌:あらゆる種類を完全に死滅
  • 当院導入のクラスBとは?

    高圧蒸気滅菌器(オートクレーブ)には、ヨーロッパで定められた3つの基準(上からクラスB・S・N)があります。その中でもクラスBは、世界で最も高い基準をクリアし、様々な種類の器材・器具においてウイルス・菌を徹底的に死滅させることが可能です。

    当院導入のクラスB滅菌器
  • *

    ハンドピース
    専用滅菌器

    歯を削る・磨く際に使用する器具「ハンドピース」専用の滅菌器。専用滅菌器なので、複雑な構造の器具でも奥まで高圧蒸気が届いて細部まで滅菌ができます。

  • *

    中性電解水
    (水除菌装置)

    電気分解による塩素濃度の補正で、人にも機器にも安全な除菌効果のある水を生成します。
    治療中、患者さまがうがいをする際に使用する水を常に清潔な状態で提供します。

  • *

    口腔外バキューム

    歯を削る際に飛び散る細かな水や粉塵が患者さまの顔にかかったり吸い込まれないように、すばやく強力に吸引し、診療空間を常に清潔に保つことで空気感染を予防します。

細部に配慮した、
院内感染予防への取り組み

上記のような衛生機器の充実に加え、皆さまにより安全に治療を受けていただくために、滅菌・洗浄できないコップやグローブなどは患者さまごとに使い捨て器具を活用したり、スタッフ全員が衛生管理に高い意識を持ち手洗いや消毒の基本を徹底しています。

*
ページの先頭へ戻る