マタニティ歯科

Medical

MENU

マイナス1歳からの
虫歯予防で
赤ちゃんと
お母さまの健康を守る

妊娠中の歯周病は早産や低体重児出産、流産の危険性を高めてしまったり、
お母さまが虫歯だとお子さまの虫歯リスクに影響を及ぼすこともあります。
妊娠中は食生活や運動・休息など、お身体への配慮がいつも以上に必要になりますが、
赤ちゃんとお母さまの健康のためには、お口のケアへの取り組みもとても大切になります。

母親と子どもで
密接な「お口の健康」

2歳児の虫歯発生率

母親の虫歯と子どもの虫歯リスクの関係
生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中に、虫歯菌は存在しません。しかし、キスや食べ物を息で冷ますなどの日常的な行為で赤ちゃんのお口の中に虫歯菌が入り込んでしまいます。
次のグラフは、2歳児の虫歯発生率を母親に虫歯がある場合とない場合で比較したものです。母親に虫歯がある場合の虫歯発生率が圧倒的に高いように、周りの大人、特に接する時間の長いお母さまが虫歯のない健康な状態をキープすることが、お子さまのお口の健康を守るための近道だと言えます。

*

マイナス1歳からの虫歯予防で
お子さまの感染リスクを減らしましょう
子どもの歯が生え始めるのは生後6~8カ月頃なので生まれたばかりの赤ちゃんは歯が生えていませんが、歯のもとになる「歯胚」が作られ始めるのは妊娠7~10週頃です。そして妊娠4~5カ月頃からは歯胚にカルシウムやリンなどの成分がついて硬くなり、徐々に歯の形を作っていきます。一部の永久歯も妊娠中から作られ始めます。
まだ歯みがきのできない赤ちゃんのお口を守るのはお母さんの役割です。赤ちゃんが生まれる前=マイナス1歳である妊娠中から、もっと前の妊活中からでも、治療や予防にしっかりと取り組むようにしましょう。

妊娠中に生じるお口のトラブル

*

妊娠中も無理のないようにお口のケアを
妊娠中は急激なホルモンバランスや免疫力の変化、つわりによる胃酸逆流、偏った食生活などにより心や身体の状況が変化することと同じように、お口の中の環境も変化します。
お子さまのお口の健康への影響が懸念される虫歯・歯周病のリスクも上がってしまうため、できる限り普段と変わらないケアを心がけましょう。
歯ブラシを口に入れると気持ちが悪くなる方も多く、丁寧なセルフケアが難しい時期にもなってしまいます。つわりがつらくて歯みがきできない、歯ぐきにコブができたなど、お悩みや気がかりなことがありましたら、出産・子育てを経験した先輩ママでもある女性歯科医師が在籍する日進市の歯医者 赤池ファミリー歯科までお気軽にご相談ください。
  • 歯の問題
    • 虫歯・歯周病
      妊娠中は歯みがきができないほどのつらいつわりによりお口のケアが不十分になるほか、嘔吐による胃酸が原因で歯が弱まったり表面に汚れが付着しやすくなり、さらに、妊娠中に出される女性ホルモンを栄養源に繁殖する歯周病菌もあるため、虫歯・歯周病のリスクが通常よりも高くなってしまいます。
  • 歯ぐきの問題
    • 妊娠性歯肉炎
      ホルモンバランスの変化が原因で、妊娠中は歯周炎の方が増えます。
      通常の歯肉炎と同様に、歯ぐきの腫れや出血があります。痛みが少なく発見が遅れやすいですが、早産や低体重児出産のリスクを通常の7倍もあげる危険性があるため、歯肉炎がないか歯科医院で定期的に診てもらうようにしましょう。
    • 妊娠性エプーリス
      妊娠期に歯ぐきがコブのように膨らんでしまう症状で、女性ホルモンの増加によって歯肉のコラーゲンが増殖することが原因と考えられています。触ると痛みがあったり、出血することもあります。
      良性の腫れもので出産後に自然に消失することがほとんどですが、もし気になる場合はお気軽にご相談ください。
こまめなケアで
お口のトラブル予防を!
朝起きたらまずは歯みがき
睡眠中、唾液の分泌が減ったお口の中では細菌が増殖してしまうため、起きてすぐのうがいや歯みがきで細菌を除去するようにしましょう。もちろん、寝る前や食後の歯みがきも欠かさずにお口の中を清潔に保つようにしましょう。
子ども用の小さな歯ブラシを使用したり、前かがみの体勢で歯ブラシを舌に当てないようにすることで、つわりによる嘔吐感を抑えることができます。
こまめなうがいで予防ケア
口の中にものを入れるだけでも気持ちが悪いほどつわりがひどい場合は、無理に歯みがきをする必要はありません。
お菓子やジュースなどの甘いものを控え、こまめにうがいをしましょう。うがいだけでも酸性に傾いたお口の状態を和らげたり、お口の中の汚れを洗い流すことができます。フッ素入りの洗口剤の使用で虫歯予防にも効果があります。
つわりが安定したら、通常の歯みがきを心がけましょう。

妊娠中の治療に最適な時期とは

*

妊娠中の歯科検診は安定期がベストです
妊娠中の歯科検診は生まれてくる赤ちゃんやお母さまご自身の安全のためにとても大切なことですが、妊娠初期は不安定な時期で外部からの影響を受けやすく、妊娠後期はお腹が大きくなっていて診療チェアに横たわることも辛くなってしまいます。
「安定期」とも呼ばれる妊娠中期はお腹の赤ちゃんも安定しており、通常の虫歯・歯周病の治療も可能になるため、受診にお勧めな時期になります。自覚症状がなくても、安定期に入ったらお口の中の検診やクリーニングを受けに是非ご来院ください。
出産後は子育てで一気に忙しくなり治療の機会を逃す方も多いため、生まれたばかりのお子さまのお口の健康をどう守るべきかのアドバイスもこの時に行います。
  • 4ヶ月(15週)まで
    妊娠初期
    妊娠4〜8週は母体・胎児共に妊娠中で一番不安定な時期といえます。したがって歯科治療がストレスにならないよう、診査、治療計画、歯みがき指導までに極力とどめています。
    歯の痛みや歯ぐきの腫れなどの急性症状がある場合は症状を抑えるための応急処置を行いますが、本格的な治療は安定期から取り掛かるようにしています。
  • 5〜7ヶ月(16〜27週)
    妊娠中期・安定期
    「安定期」とも呼ばれる、母子共に妊娠中で一番安定している時期のため、歯科の受診にも最適です。一般的な虫歯・歯周病などの治療から、レントゲン撮影や投薬なども安全に行うことができるため、気になることがある場合はこの時期に治療を受けることをお勧めしています。
    妊娠初期で応急処置までにしていた症状の治療も安定期に再開します。
  • 8ヶ月(28週)以降
    妊娠後期
    妊娠後期はお腹が大きくなり、仰向けの体制が静脈を圧迫して血圧を低下させ、頻脈、嘔吐、冷汗などの症状のある「仰臥位低血圧症候群」を引き起こす可能性があるため、受診に向いていません。
    どうしても治療が必要な場合は、治療時間などを考慮して応急処置までにとどめ、出産後に改めて再開するようにし、早産などの危険を極力回避しています。

受診時のお願い

*

来院時には母子手帳のご提示をお願いします
母子手帳に記されている情報は歯科医院にとって大切なことが多いため、受診の際はご提示をお願いします。母子手帳には歯科の治療内容や経過、予防方法を記載する「妊娠中と産後の歯の状態」というページがあるため、産後の口腔ケアにも役立ちます。
また、産婦人科の担当医から注意を受けていることがありましたら、些細なことでもお伝えください。
診療はなるべく楽な姿勢で受けていただけるように配慮していますが、体調や気分が優れない場合は無理することなくすぐにスタッフへお申しつけください。

よくある質問

  • レントゲン撮影による胎児への悪影響はありませんか?

    歯科治療でのレントゲン撮影は範囲がお口に絞られているため、直接腹部にX線が当たることはありません。
    また、使用するレントゲンは放射線量が微量で、撮影時にはX線を遮断する特殊な加工を施した防護用エプロンを必ず着用しますので、お腹の赤ちゃんはもちろんお母さまに影響が及ぶ心配もありません。

  • 妊娠中は麻酔治療を控えた方が良いでしょうか?

    歯科治療は口内に限った治療になるため、麻酔は局所麻酔を使用します。通常の麻酔量であれば母子ともに問題ありませんのでご安心ください。痛みに耐えるストレスの方が負担をかけてしまうことがありますので、痛みを感じる場合は無理をせずに気軽にお申し出ください。

  • 妊娠中に処方された薬の服用は問題ないですか?

    妊娠中はお薬の処方をできるだけ控えております。どうしても必要な場合は処方することがありますが、安全性が高く妊娠中でも問題がないと言われているものを厳選しておりますのでご安心ください。

  • 歯科治療による、出産後・授乳中の母乳への影響はありますか?

    通常の虫歯・歯周病の治療はもちろん、レントゲン撮影、麻酔の治療も妊娠中(安定期)から問題なく受けていただけるため、授乳中の方も心配ありません。
    お薬も母乳への影響が小さく安全性の高い薬を選んで処方していますが、もし心配な方は薬が体外へ排出されてから授乳ができるように、服用後から5時間ほど時間を置いください。

ページの先頭へ戻る